あなたは大丈夫?実際にあった不法請求や勧誘被害の実態とは?

気軽に出会いが可能になる出会い系アプリの存在は、出会いを求める人にとって都合のよいツールなのですが、気になってくるのはトラブルに巻き込まれないかです。

 

実際ニュースなどでも出会い系での出会いから性犯罪に巻き込まれているケースは少なくなく、世間を賑わしています。

 

そうなると出会い系アプリを利用するのも躊躇してしまいますが、実際に報告されている被害例などはあるのでしょうか。

 

 

悪質なサイトによる費用請求

一般的に、出会い系アプリでの被害で多いのは、悪質なサイトに引っかかった際の法外な費用請求によるトラブルです。

 

悪質な出会い系アプリを利用すると、そうした被害例は多く、不法請求による業者の手口は横行しています。

 

違法行為なので、実際には支払いに応じる義務がないのですが、執拗に迫られると払ってしまうことも多いようです。

 

こうした被害は、個人情報が流出している場合にあいやすいので、決して住所や電話番号などは教えないようにしないといけません。

 

ちょっとした油断が、悪質な罠にはまる一歩になってしまうので、出会い系アプリを利用する場合は細心の注意を払うことです。

 

実際に利用した料金についてはきちんと支払うべき義務がありますが、少しでも請求額がおかしいと思った時は素直に払わずに、専門家に相談するようにしましょう。

 

悪徳業者による不法な料金請求は、被害例で最も多いので注意が必要です。

 

 

サクラによる勧誘被害

出会い系アプリには、ネットワークビジネスの勧誘を目的としたサクラが潜んでいるので注意しなければなりません。

 

実際にそうした被害例は多く、出会い系アプリに登録して騙されたという報告が沢山届けられています。

 

男性の会いたい心理を巧みに利用したもので、最初の出会いでいきなり女性の部屋に招かれます。

 

そこはあらかじめ女性が用意した部屋で、部屋に入ると巧みな勧誘が開始され、気がついたら商品を買わされていたという手口です。

 

最初から商品を売る目的で、細かく商品の説明が始まり、執拗な攻撃で勧誘してくるので気弱な男性は泣き寝入りしてしまいます。

 

この手の勧誘はグループで組んでいることが多く、計画的に勧誘目的で女性が出会いを迫ってくるので男性は疑う余地がありません。

 

男性は綺麗な女性に騙されやすいので、相手の見極めには十分な配慮が必要です。

 

サクラによるネットワークビジネスの勧誘には気をつけましょう。

 

 

美人局被害の報告もある

利用するに当たって何かとトラブルが心配になるのが出会い系アプリですが、場合によっては暴力事件にまで発展することもあります。

 

そうした被害も一部で報告されていて、女性が誘拐や性的暴行などの犯罪に巻き込まれることもあるので利用に当たっては十分な注意が必要です。

 

また、アクセスするだけでワンクリック詐欺に引っかかることもあるので、金銭詐欺犯罪にはくれぐれも巻き込まれないようにしないといけません。

 

最近は少なくなってきたのですが、美人局被害の報告もあり、女性に会って財布を持って逃げられたというケースがあります。

 

財布には身分証が入っていることが多く、身分証を元に大きな被害に巻き込まれる危険性があるので、クレジットカードや免許証などは持ち歩かないことです。

 

実際に女性と会う時は、美人局にもくれぐれも用心しましょう。

 

美人局の被害例は減少傾向にありますが、遭遇した時は恥ずかしくてもすぐに警察に被害届を提出することが大事です。

 

 

まとめ

出会い系アプリは、ネット上での出会いになるので、気になるのがトラブルです。

 

実際、いくつかのトラブル被害事例が報告されていて、よくあるのが悪質な業者による高額な不法請求です。

 

そしてサクラによる被害も横行していて、最近は新手の手口として、ネットワークビジネスの勧誘があります。

 

巧み話術で商品を売りつけるというものなので、男性は気をつけないといけません。

 

また、一部では美人局の被害例も報告されているので、男性は女性と出会う際は、身分証などの携帯は避けることが大事です。